株式会社オーク > 工法一覧 > ダウンザホールハンマ工法 > SPP工法(鋼矢板岩盤同時圧入工法)

ダウンザホールハンマ工法

SPP工法(鋼矢板岩盤同時圧入工法)

SPP(Synchronized Piling with Pre-boring)工法
SPP工法
SPP工法
特許 第2997402号
特許 第2954856号
岩盤掘削と鋼矢板打設が同時にできる画期的な新工法です。
岩盤層や転石・玉石層などへの鋼矢板の打設には、一般的にプレボーリング(岩盤掘削磯による先行削孔)後、砂で置換し、鋼矢板を打設する3つの工程が必要でした。
これをひとつの工程にまとめ、施工の効率化を実現した新工法が「SPP工法」です。
当工法では、ダウンザホールハンマを使用し、特殊なハンマビットと鋼矢板の脱着装置により、削孔と同時に鋼矢板を打設(圧入)。
大幅な工期の短縮はもちろん、鋼矢板の有効幅を削孔径とするため、残土も微量で経済的です。また、従来の工法で問題となっていた掘残しや孔壁の崩壊も解消できます。

特 長
玉石層・岩盤での施工が1工程で容易にできます。
施工手順の簡素化によって大幅な工期短縮ができます。
削孔と同時に圧入するため、鋼矢板の損傷を軽減できます。
削孔完了した孔には、既に鋼矢板は打設されているため、孔壁の崩壊、あるいは玉石が隣接する完了孔へ逃げても、問題がありません。
削孔した残土は削孔完了した孔へと逃げて埋めて行くため、発生残土が少量で、埋め戻しもわずかです。
削孔径が小さく、周辺地盤への影響を最小限に抑えます。
施工状況

施工状況

特殊偏芯ビット

施工状況
施工能力

鋼矢板種類 使用ハンマ 施工最大長
5L SPP1型 XL-12 2.0m~15.0m
4 SPP2型 SD-12
SD-10
2.0m~15.0m
3
2 SPP3型 SD-10 2.0m~15.0m
1
IIw,IIIw SD-15~SD-18 3.0m~15.0m

※長さについてはベースマシーンを大きくする事によってMAX22.0mまで可能です。
ご注意

本工法は特許工法です。従って、本工法の実施(製造、販売、施工)は許諾を受けた法人、団体、個人しか行えません。
若し、許諾無く実施した場合は、特許権の侵害に当たり、特許法に基づいて罰せられると共に、実施の差し止め、損害の賠償責任を求められます。
また、本工法の実施を、許諾を受けていない者へ発注した場合は間接侵害に当りますのでご注意して下さい。