株式会社オーク > サービス・ソリューション > 先端支持力管理革命
Rebec(リーベック)

サービス・ソリューション

先端支持力管理革命
Rebec(リーベック)


基礎杭施工時に先端地盤強度を評価
標準貫入試験の原理を応用してN値に相当するNr値で地盤強度を評価します。
試験概要と試験手順

Rebecとは標準貫入試験(SPT)の原理を応用した試験機を用いて、N値に類似した指標(以下Nr値)で地盤強度を評価できる試験機です。
従来、場所打ち杭工における支持層到達確認おいては、目視による土質判定が行われてきましたが、同一地層でN値が漸増するような地層においては判断が困難となることも少なくありません。
Rebec試験機は、鋼製の外部ケーシングに機械的に63.5㎏の錘を76㎝の高さから自由落下させる機構(自由落下打撃システム)を備えた照光寺材の内部ケーシングが格納されています。
機械的に一定間隔で発生する衝撃エネルギーは先端ロッドにダイレクトに伝達されます。エンコーダーにより貫入に伴う変位を計測し、300㎜貫入するのに要する打撃回数を持ってNr値を算出します。
これらは地上部にてリアルタイムで確認でき、データ保存されます。サンプラーロッドを取付けることで先端地盤の試料採取も可能です。
試験の特徴
基礎杭施工時に先端地盤強度を評価できます。
適応工法はアースドリル工法(Rebec)、オールケーシング工法(Rebec-α)、アースオーガー工法(開発中)です。
標準貫入試験の原理を応用し、N値に相当するNr値により地盤強度を評価します。
貫入エネルギーは自由落下打撃システムにより均一なため、試験結果のバラツキはほとんどありません。
試験は短時間(10~15分)で実施できます。
地下水・安定液下での試験が可能です。
GL-50mまで対応可能です。
試験結果はリアルタイムで確認でき、データ保存されます。
従来の土質確認に加え、施工時の新たな管理方法として提案できます。
試験機の構造


調査事例
↑クリックで拡大
↑クリックで拡大

実際の施工現場でN値とNr値の比較試験を行いました。
現場は上部に盛土層、中間に軟弱な粘土層及び中程度の礫質土層が互層に存在し、GL-19m付近からの礫層(N値35~43)を支持層とみなしています。
Rebecはさらなるステージへ

業界内での需要の高まりを受け、アースオーガー対応Rebec試験機を開発中です。
Rebec試験機を内蔵した専用のスクリューロッドにより支持地盤の地盤強度を測定することができ、従来工法の管理基準であるオーガーの電流値やトルク値に加えて試験を実施することで、より確実な品質管理を行うことができます。
PHCなどのプレボーリング系工法や深層混合処理工での活用が期待されています。
本工法は特許工法です。従って、本工法の実施(製造、販売、施工)は許諾を受けた法人、団体、個人しか行えません。
若し、許諾無く実施した場合は、特許権の侵害に当たり、特許法に基づいて罰せられると共に、実施の差し止め、損害の賠償責任を求められます。
また、本工法の実施を、許諾を受けていない者へ発注した場合は間接侵害に当りますのでご注意して下さい。