ダウンザホールハンマ工法

OAK-DASH工法

特許 第3425390号 NETIS登録番号 KK-050099-VR
当社開発の防音・吸音システムでエアーハンマ特有の金属音を低減しました。
市街地や住宅地、夜間の施工を可能にした防音対策型ダウンザホール工法です。空洞部に特殊吸音材を充填し、エアーハンマ特有の金属音・打撃音を8~15dBカット(当社比)。中間ロッドにも充填すれば防音効果をさらに高めることができます
住宅地での施工状況
防音対策型
ダウンザホールハンマ
公共病院増築工事での施工
特 長
市街地、住宅地、夜間工事対応型の低騒音型ダウンザホールハンマです。
当社開発の防音・吸音システムにより、エアーハンマ特有の金属音が消えました。
大口径φ180〜φ1,162mmまで対応できます。
ハンマ構造
ハンマ打撃による金属音が空洞部で共鳴するため、騒音が大きくなります。
●騒音測定結果
 30m地点(SD-12) 
 100~91dB
空洞部に吸音材を充填することで防音効果が大きくなり、ハンマ打撃による金属音・共鳴音は小さく静かになります。
●騒音測定結果
  30m地点(SD-12防音型)
  83~76dB
騒音測定結果


本工法は特許工法です。従って、本工法の実施(製造、販売、施工)は許諾を受けた法人、団体、個人しか行えません。
若し、許諾無く実施した場合は、特許権の侵害に当たり、特許法に基づいて罰せられると共に、実施の差し止め、損害の賠償責任を求められます。
また、本工法の実施を、許諾を受けていない者へ発注した場合は間接侵害に当りますのでご注意して下さい。